プエラリアの効果に期待を寄せている真相を丸裸に!

目の慢性疲労と頭痛解消法

婦人

目を元気にする栄養素

多くの人が慢性的な頭痛に悩まされていますが、その原因は人によって異なります。中でも意外に多いのは、眼精疲労から来る頭痛です。眼精疲労とは疲れ目が慢性化した状態のことで、目を休めても頭痛や肩凝りなどの症状がなかなか改善しません。特に現代人はパソコンやスマートフォンなどで目を酷使する機会が増えたため、眼精疲労を起こしやすいのです。目の筋肉が疲れてくるとその筋肉疲労は首や肩にまで広がり、頭痛の原因となります。広範囲の筋肉で血行が悪化するため、筋肉が凝り固まって緊張型頭痛を引き起こすのです。目の疲れから来るストレスは脳の血管を収縮させ、反動による急激な血管拡張で片頭痛の原因となる場合もあります。ちょっとした疲れ目程度なら、パソコン作業を中断して目を休めたりマッサージしたりすることが効果的です。眼精疲労にまで発展した場合は、そうした応急措置もなかなか効きません。そんな眼精疲労に悩む人の間で人気を集めているのが、アントシアニンやルテインなど目を元気にするサプリメントです。アントシアニンは光を電気信号に変える働きを助け、目を疲れにくくします。ルテインは紫外線やブルーライトから目を守ってくれます。

効率的に摂取する方法

アントシアニンはブルーベリーに多く含まれ、ルテインはほうれん草やブロッコリーなど緑黄色野菜に豊富です。いずれも該当する食品を十分に摂取していれば問題ありませんが、食事で必要量を常に確保するのは簡単でありません。ブルーベリーからアントシアニンを摂取する場合は、鮮度の良いものを選ぶ必要もあります。ブルーベリージャムでもある程度のアントシアニンは摂取できますが、必ずしも鮮度が良いとは限りません。アントシアニン配合サプリメントの眼精疲労解消効果が高いのは、新鮮なブルーベリーから成分を抽出しているからなのです。ルテインを多く含む緑黄色野菜の場合は、料理法によって吸収効果が違ってきます。ルテインは油に溶けやすい性質を持っており、油で炒めた方が吸収されやすいのです。そうした料理が苦手な人は、やはりサプリメントで摂取するのが最も効率的な方法と言えます。眼精疲労が蓄積されると、加齢に伴って白内障や黄斑変性症の発症リスクも高まります。老眼が進んでいる人は目のピント調節に負担がかかり、ますます眼精疲労を起こしやすくなります。アントシアニンやルテイン配合サプリメントの活用は、中高年の眼精疲労対策にも有効です。